2/9(日)に第41期長田南サッカースポーツ少年団卒団式が開催されました

午前中はゲームを中心にグラウンドで親子混じってボールを蹴り、最後にはAチームvsAチーム保護者+コーチ陣+助っ人での対戦
2月9日紅白戦_200213_01142月9日紅白戦_200213_0102

子供たちの円陣は様になっていますが、負けじとオヤジたちも円陣を組み気合いを入れます。2月9日紅白戦_200213_0096


2期連続で会長Goalが炸裂するも、残念ながら結果は2-1でAチームの勝利

準備ができていなければ、勝てるはずがないということを実感できた親子マッチ。

ポジションや守備のルール、攻撃のベースとなる戦略など、何の話し合いもないまま、ゲームを始めれば、サッカーにより時間を割いている子供たちが勝って当然の結果と言えるでしょうねぇ。

ゲームに勝つために、事前の約束事の共有と準備がいかに大切なのかを保護者、コーチが痛感した一戦だったのではないでしょうか。

2月9日卒団式(前半)_200213_0283午後からは卒団式がスタート。

候補には、どぶろっくのネタをやろうという意見もあったものの、ドン引きされるリスクを回避するため、パプリカを無難にチョイス。



2月9日卒団式(前半)_200213_0238普段の練習時や試合中の姿からは想像できない仕込み満載の杉山コーチの呼び出しで選手紹介!

会長が作ったスライドショーや、愛情のこもった監督&コーチの言葉。

在団生とその保護者の思いをとても感じられる温かい卒団式でした。

1学年でも十分に試合が出来た人数で始まった41期。

移籍があったり、辞めたり、いろいろなことがありましたが、長い子では小学校就学前からお世話になり、6年生になって加入しながらも、あっという間にチームに溶け込み、欠かせない存在になった選手もいました。

一緒にいた時間の長さは関係ない。

濃密な時間を過ごせたから、本気だからこそ熱い絆が結ばれる!!

これからは同じチームに所属する子もいるけれど、別のチームで戦うことになる子もいる。

でも7人全員がサッカーを愛し、中学でも続けていくことを決めました!
2月9日卒団式(後半)_200215_0003
来年度以降もより多くのサッカー小僧が長南から巣立っていくことを願います。